ランスロット[Sir Lancelot]

円卓の騎士の一人。主君アーサー王の妃グィネグィアと不倫。それによる円卓の騎士の分裂の一員となった人物。

ランスロットという名は湖の乙女につけられた。もともとの名前は「ガラハッド」であった。

クレティアン・ド・トロワとゴドフロワ・ド・ラニーによる著作『ランスロまたは荷車に騎士』を主に、ほか数点にも登場する。 上記作品ではゴール国の王ボードマギュの息子、メレアガンにグィネグィアが誘拐され、その救出の模様を描いた作品。 この作品では円卓の騎士とランスロットとの出会いも描かれ、崩壊までの重要な物語となっている。

『ランスロまたは荷車に騎士』

円卓の騎士との出会い

アーサー王の宮廷に現れたメレアガンに王の騎士と家族を拐ったと告げられる。彼は森で待ち受け、決闘で勝てば拐ったものを解放すると伝えた。 ケイ卿とグィネヴィアは森へ向かうが、ガウェインは彼らを追跡すべきだと提言した。

ガウェインの主張は通り、皆で追跡することになる。その最中一人の騎士(ランスロット)が現れ、彼の馬が死んでしまったので予備の馬を貸してくれと懇願する。

グィネグィアとの出会い

初めは救出に来るも、冷たく追い払われる。(荷車に関係する)ガウェインを探すために、立ち去ろうとするが王妃に引き戻される。さらに王妃の住む塔に忍び込み、二人は一夜を共に過ごす。侵入した際に怪我をしてしまい、シーツを血で汚してしまう。 レメアガンは王妃を負傷したケイ卿と姦通したと非難。彼女の名誉を守るために、ランスロットは目レアガンとの一騎討ちをする事となる。

グィネグィアとの不倫

不倫関係が始まったのは『ランスロまたは荷車の騎士』で描かれた頃からとされている。

荷車の騎士

関係

Source

  1. https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%81%BE%E3%81%9F%E3%81%AF%E8%8D%B7%E8%BB%8A%E3%81%AE%E9%A8%8E%E5%A3%AB
  2. https://matome.naver.jp/odai/2146550733730655701

コメント

タイトルとURLをコピーしました