クトゥルフ

クトゥルフ神話

ハスター [Hastur]

概要 ハスターは、クトゥルフ神話に登場する架空の神性です。彼は、不思議な力を持ち、人間を混乱に陥れることができます。 外見 ハスターの目は、緑色の炎で輝いていると言われています。また、彼の周りには、常に黄色い霧が立ち込めています。 ステータ...
クトゥルフ神話

外なる神[The Outer GODs]

この記事は、クトゥルフ神話の外なる神々について解説しています。外なる神々は、人間の想像を超える異次元生物であり、宇宙の支配者とされています。この記事では、外なる神々の概要や分類方法、主な存在について紹介しています。
クトゥルフ神話

旧支配者[Elder Thing]

概要 旧支配者・グレートオールドワン・古き神々・古き者ども・エルダーシング(Elder Thing) 上記は全て同義となる。(ややこしい)この記事では上記はすべて「旧支配者」と表記する。 外なる神と同一視する傾向もあるが、厳密に言うと別であ...
クトゥルフ神話

ニャルラトホテプ [Nyarlathotep]

概要 旧支配者の一柱にして、外なる神に使役する伝達者(メッセンジャー)である。 君主はアザトースとしているが、彼と同じ「土の精」であり同等の力を持つ。 魔皇アザトースと同等の力を持つゆえか、人間はもとより他の旧支配者たちを軽んじている。 顔...
クトゥルフ神話

アザトース[Azathoth]

概要 アザトース・アザトホースと呼ばれる、クトゥルフ神話における神々の始祖。 このアザトースの思考により世界(宇宙すべて)が想像された。 彼の思考が物質化される空間であり、現象や物事はすべて彼の「想像」であり、すべては彼の「夢」であるともさ...
クトゥルフ神話

ネクロノミコン[Necronomicon]

概要  ラヴクラフトの作品群に登場する書物。   クトゥルフ神話の中でも特に重要なアイテムとして登場する。神話を書き継いだ作家もこの書物を登場させている。   作中でアラビア人「アブドル・アルハズラット」(アブドゥル・アルハザードや、アブド...
クトゥルフ神話

深きものども [Deep Ones]

深きものども(ふかきものども、英語:Deep Ones、ディープ・ワンズ)とは、クトゥルフ神話作品に登場する架空の生物である。 ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの小説『インスマスの影(The Shadow Over Innsmouth)...
クトゥルフ神話

マイノグーラ [Mynoghra]

存在について ナイアーテトラップの従姉妹に当たる外なる神。 ナイアーテトラップ同様、旧神からの封印を免れているが、名を知られていないのは外なる神の使者として動いていないため。ナイングトーヴ大図書館に蔵書されている『オキマーの啓示書』に僅かに...
クトゥルフ神話

ミゼーア [Mh’ithrha]

ティンダロスの猟犬の支配者。 別名「ティンダロスの大君主」 ノルマン神話のフェンリルに似ている。 不可知の狼とされる外なる神。 姿は狼に似ているとされているが、曲面世界(現世)の住人たる人間にはその姿をハッキリとみることは出来ない。 ティン...
クトゥルフ神話

シュブ=二グラス[Shob-Niggurath]

概要 豊饒の女神・大地母神の性質を持つ、ヨグ=ソトースの妻であるとも言われる正体不明の存在。しかしやたらと名前だけは儀式や呪文に現われる外なる神である。創造者であるラヴクラフトは名前だけを示して作中に登場させず、「黒い雲の様に巨大である」と...
クトゥルフ神話

クトゥルフ[Cthulhu]

概要 海底に沈んだ都市ルルイエに封印されている、あるいは、眠っているとされ彼自身が物語上で活躍することはない。しかし夢のテレパシーや彼の信奉者が人間に危害を加える。人間では太刀打ちできず、しかも好意的ではない太古の地球の支配者。 容姿 一般...
クトゥルフ神話

ティンダロスの猟犬 [The Hounds of Tindalos]

概要 時間が生まれる以前の超太古、異常な角度をもつ空間に住む不浄な存在とされる。 特性 絶えず飢え、そして非常に執念深い。四つ足で、獲物の「におい」を知覚すると、その獲物を捕らえるまで、時間や次元を超えて永久に追い続ける。獲物を追う様子から...