ニャルラトホテプ [Nyarlathotep]

クトゥルフ神話
スポンサーリンク

概要

旧支配者の一柱にして、外なる神に使役する伝達者(メッセンジャー)である。

君主はアザトースとしているが、彼と同じ「土の精」であり同等の力を持つ。

魔皇アザトースと同等の力を持つゆえか、人間はもとより他の旧支配者たちを軽んじている。

顔がないとされ、ゆえに幾千もの異なる姿を持ち、特定の眷属を持たず「狂気と混乱」をもたらすために自ら暗躍している。

天敵と位置付けられるのは「火の精」である旧支配者 クトゥグアのみ。また、旧神 ノーデンスとは対立関係にある。

呼び方

読み方は様々あり、人によって異なってくる。

  • ナイアーラソテップ
  • ナイアルラトホテップ
  • ニャルラトホテプ
  • ニャルラトテップ

など

英語圏では、英語読みの「ニャルラトテプ」と異国風の「ナイアル(rru)ラトホテプ」に大体わかれる。

容姿

初出はラヴクラフトが1920年執筆した「ナイアルラトホテップ」。

作中では古代エジプトのファラオのような「背の高い浅黒い男」として表現されている。

ラヴクラフト作品

魔女の家の夢 — ラヴクラフト全集 5

関係

Source

ナイアーラトテップ - Wikipedia

コメント

タイトルとURLをコピーしました