CoC

クトゥルフ神話

ニャルラトホテプ [Nyarlathotep]

概要 旧支配者の一柱にして、外なる神に使役する伝達者(メッセンジャー)である。 君主はアザトースとしているが、彼と同じ「土の精」であり同等の力を持つ。 魔皇アザトースと同等の力を持つゆえか、人間はもとより他の旧支配者たちを軽んじている。 顔...
クトゥルフ神話

マイノグーラ [Mynoghra]

存在について ナイアーテトラップの従姉妹に当たる外なる神。 ナイアーテトラップ同様、旧神からの封印を免れているが、名を知られていないのは外なる神の使者として動いていないため。ナイングトーヴ大図書館に蔵書されている『オキマーの啓示書』に僅かに...
クトゥルフ神話

シュブ=二グラス[Shob-Niggurath]

概要 豊饒の女神・大地母神の性質を持つ、ヨグ=ソトースの妻であるとも言われる正体不明の存在。しかしやたらと名前だけは儀式や呪文に現われる外なる神である。創造者であるラヴクラフトは名前だけを示して作中に登場させず、「黒い雲の様に巨大である」と...
クトゥルフ神話

クトゥルフ[Cthulhu]

概要 海底に沈んだ都市ルルイエに封印されている、あるいは、眠っているとされ彼自身が物語上で活躍することはない。しかし夢のテレパシーや彼の信奉者が人間に危害を加える。人間では太刀打ちできず、しかも好意的ではない太古の地球の支配者。 容姿 一般...
クトゥルフ神話

ティンダロスの猟犬 [The Hounds of Tindalos]

概要 時間が生まれる以前の超太古、異常な角度をもつ空間に住む不浄な存在とされる。 特性 絶えず飢え、そして非常に執念深い。四つ足で、獲物の「におい」を知覚すると、その獲物を捕らえるまで、時間や次元を超えて永久に追い続ける。獲物を追う様子から...
クトゥルフ神話

銀の鍵[The Silver Key]

経緯(現実の出来事) 初出はハワード・フィリップス・ラヴクラフト(H・P・ラヴクラフト)の『銀の鍵』。 1926年7月に執筆。アメリカの雑誌「ウィアード・テイルズ」1929年の1月号に掲載された。 ランドルフ・カーターを主人公に据えた作品。...